レスポートサック:ショルダーバッグの生産地


レスポートサックショルダーバッグは
いったいどこで作られているのでしょうか。

実は、レスポートサックショルダーその他バッグやアクセサリーなどの全製品は主に中国などアジア諸国で生産されています。

ニューヨークで誕生したレスポートサックですから、
もちろんアメリカの工場で生産されてきました。

ただ、やはり時代の流れの中でショルダーバッグなど様々な製品を
アメリカの工場だけでまかなうことはできなくなりました。

現在では、レスポートサックはアメリカから生産拠点をどんどん移しており、中国やタイ、インドネシア、コスタリカなどアジアや中米といった国での生産が主となっています。

ショルダーバッグなどを通販で探していると、並行輸入している
ネットショップに行き着きますが、しばしば「レスポートサックの商品について」という説明文を見かけます。

説明文の内容はどのショップもほとんど同じで、

■当ショップの商品は偽物ではない

■アメリカから拠点がアジアなどに移ったので難のある商品もある

■多少の汚れや傷、シワ、縫製不良が見られる場合あり

■タグのないものもあるが特に問題はない

■生産国を指定して買うことはできない

■検品基準はレスポートサック直営店と同じ(だから大丈夫)

という感じです。

並行輸入の通販ではレスポートサックショルダーなども定価より相当に安く販売されているので、もともと検品からはずれたものを
並行輸入していたりするのでしょうか。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。