レスポートサック:バッグを作った創業者


レスポートサックは1974年に、創設者のメル・シフター夫妻に
よりニューヨークで誕生したブランドです。

レスポートサックのバッグの特徴は、使われている素材は、
オリジナルの「リップストップナイロン」と呼ばれる特殊なナイロン素材を使用していることです。

丈夫なパラシュートと同じ素材です。
リップ(破れ)をストップ(止める)ということになります。

レスポートサックバッグは、軽くて、丈夫で、汚れたら丸ごと
ジャブジャブ洗えます。

ナイロン素材をバックに使用することは、レスポートサック
創業者夫妻がマリンスポーツに使用されるナイロン素材の丈夫さに目をつけたことからでした。

スポートサックの第1号は、ニューヨークの小さな工場で製作された、シンプルなデザインのダッフルバックでした。

レスポートサックのバッグが世に広まるまでの歴史です。

1974年後半:NYのグリニッジ・ビレッジに初のショップを
      オープン。
1976年:レスポートサックの原点となるトラベルシリーズを発表。
2001年:クロマシャイン
2002年〜:スペクテイター、モノグラムラインなど

年間80種類もの新作を発表するレスポートサックバッグ
モードを敏感に感じ取り、時代とともに新しい顔を
見せ続けてくれます。

レスポートサックは、常に進化していくけれども、創立以来の
こだわりを忘れないブランドなのですね。

ポーチなどの小物から旅行用のボストンバッグまで
様々なアイテムが揃い、価格もリーズナブルになっています。

1987年から日本でも発売されるようになった丈夫で、軽くて、
お洒落なレスポートサックバッグ

これからもレスポートサックバッグは愛され続けることでしょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。