レスポートサック:ボストンの使い方

レスポートサックボストンは、
イメージよりかなり大きい・・・という感じです。

どれだけでも入る〜!
ちょっとかわいさに欠けるかもしれませんが、
レスポートサックボストンバッグ
とにかく軽くて、持ちやすくていっぱい入る・・・。
というところがポイントです。

レスポートサックボストンは優れものだと思います。
大きくて柔らかい割には、底がしっかりしているので、
型崩れもしないですし、さすがレスポートサックと
いったところです。


★レスポートサック ボストン 一覧★


レスポートサック ボストンは、旅行には欠かせません。
レスポートサックボストンといっしょに旅行に出かけると、
いっぱいお土産を買いたくなってしまいます。

縦33×横49×マチ22cm
持ち手長さ30cm
ショルダー長さ67〜126cmあります。

いっぱい詰められるって、本当に嬉しいですね。
レスポートサックボストンは、持ち手とショルダーが
両方付いています。

しかも、ショルダーは長さに調節が自由に変えられます。
付属のポーチが付いていて、レスポートサックボストン
おそろいなので可愛いです。
収納力抜群で、ファスナー部分には鍵がかけられるから安心ですね。

レスポートサック:ボストンバッグの良いところ


レスポートサックボストンバッグは、ポップでキュートです。
どこにでもお供させたくなります。
大きさもたっぷり収納できるのがうれしいです。


★レスポートサック ボストン 一覧★


レスポートサックボストンバッグは、持ち手もショルダーも
付いているのでとても便利です。
ショルダーは長さ調節可能です。
たっぷりとした底面なので、型崩れもしないし、たっぷりと
荷物を収納することができます。

レスポートサックボストンバッグは、サイドポケット、
ファスナーポケットが両サイドに2個ついています。

外ポケットはファスナーポケットが前後に2個ついてて、
すぐに取り出したいものはココに収納するといいかもしれません。
とにかくたっぷりと収納できるのと、鍵がついているので安心です。

レスポートサックボストンバッグは、肩に掛けても軽いので、
あまり負担がかかりません。

何も入れないうちから、かなりの重量になることが多い
旅行バッグは、とにかく軽さと丈夫さが一番大事だと思います。

レスポートサックボストンは大きさが選べるのがいいですね。
ウィークエンダーという名前がついたボストンバッグのシリーズ。
ウィークエンダーってまさに楽しい週末を全部詰め込めそうな、
おしゃれなネーミングです。

ラージ、ミディアムサイズのレスポートサックボストン
人気のようです。
2個持ちや同じデザインのショルダーやポーチと一緒に持っても、
とても可愛いですね!

レスポートサック:ボストンの選び方


レスポートサックボストンの良いところといえば、
やっぱり持ちやすさと軽さとお手頃価格でしょう。

カラーやプリント柄もいろいろ選べるので、使い方によって
ボストンのカラーやタイプ(大きさ)を決めると良いでしょう。

例えば家族や夫婦で共有するなら、無地でシックな
カラーがオススメです。
チャコールグレーやオニキス、ブラックタンスペクティター
あたりが人気です。
LARGE WEEKENDERがちょうど良い大きさかもしれません。

レスポートサックでは、これより大きいサイズの
BIG WEEKENDERもありますが、
どちらかというとLARGE WEEKENDERのボストンの方が使いやすいです。

旅行だけではなく、タウンユースにもという方には
レスポートサックのMEDIUM WEEKENDERがピッタリの
ボストンです。

大きさの割りに意外と中身が入るので、いざという時に
ありがたいです。
同じ柄のポーチもついていて、ボストンを使わない時は
このポーチにたたんで入れておくことが出来るのでとても便利です。

レスポートサックボストンは、とにかく薄くて軽くて丈夫にできていますので、少し長めの旅行の時はスーツケースにいくつか
たたんで入れておき、荷物が増えてきたらボストンとして
使うといいですね。

レスポートサックボストンは機内持ち込みにもちょうど良い
サイズなので、いくつかのタイプを持っておくと便利です。

レスポートサック:ボストンのルーツ


レスポートサックボストン
大きくても軽くて持ちやすくて丈夫なのが特徴です。

ボストンと言えばアメリカ合衆国の北東部にある都市で、
マサチューセッツ州の州都でもあります。

日本では、松坂大輔投手や岡島投手の所属する
ボストンレッドソックスで有名ですね。

ボストンバッグのルーツは、このボストン市にあるボストン大学から
来るという話を聞きました。

どういう話かご紹介しましょう。

ボストン大学で1900年代初頭にあるバッグを指定バッグと
しました。
そのバッグは大きめの手提げバッグで、この型が元になってボストンバッグが誕生したとのことです。

大学で指定バッグがあるというのも面白いですが、
アメリカでは普通なんでしょうか。

日本では中学くらいまでは指定バッグとかの規則がうるさいですが、
高校や大学になるとあまり指定バッグなんてありませんけれどね。

それにしてもボストンバッグを持って毎日通学するのは
大変でしょう。

レスポートサックボストンなら素材も軽いし、中身がない時は折りたためますが、きっとボストン大学の指定バッグは重かったに違いありません。

ボストン大学のボストンバッグは色も指定されていたのでしょうか。
似たようなボストンバッグばかりなので、ネームタグをつけたりしないと取り間違えたりしたかもしれませんね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。